危険!光回線の「ぷらら光」をおすすめしない全理由

ぷらら光

「ぷらら光ってどうなの?」、「他の光回線と比べてどんなメリットがある?」など、ぷらら光について気になっていませんか?

結論から言うと、ぷらら光は大手の運営で、ほとんどのエリア、物件で使えるメリットがありますが、料金が高いためおすすめできません。

このページでは、家電量販店でネット回線の販売をしていた筆者が、ぷらら光をおすすめしない理由と共に、あなたが本当に選ぶべき光回線について、下記の流れで解説します。

全て読めば、ぷらら光を選ぶべきでない理由や、正しい光回線の選び方、それらのベスト申し込み方法までがわかり、光回線で失敗しなくなるでしょう。

1. ぷらら光をおすすめしない全理由

ぷらら光

ぷらら光は、NTTドコモのグループ企業「株式会社NTTぷらら」が提供する光回線ですが、以下二つの点では非常に優れています。

  • 全国どこでも使えるNTT回線を利用
  • 運営元が大手企業

しかし、同じメリットがあるもので、より安い光回線があることから、おすすめできません。

おすすめしない最大の理由:料金が高い

ぷらら光は、「@TCOMヒカリ」に比べて料金が高い

ぷらら光には以下のメリットがあります。

  • 全国どこでも使えるNTT回線を利用
  • 運営元が大手企業

下の表は、同じメリットがある主要な光回線の比較ですが、実質月額料金が最安になるのは、一戸建て、マンション共に@TCOMヒカリです。

そのため、光回線はぷらら光でなく、@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)をおすすめします。

比べるとぷらら光は高く、選んでしまうと、一戸建て、マンション共に、年間で10,000円近くも余計に費用がかかる事になります。

-スマホの方は左右にスクロールが可能です-

  • 契約満期まで利用し解約する場合の(総費用-キャッシュバック)÷利用月。契約期間がないものは一戸建て3年、マンション2年利用して解約する場合を想定。
  • 契約満期で解約する際、工事費の残債が発生する場合、撤去工事費が必須の場合はそれらの料金も含んで算出。
  • 一戸建てはタイプは下り1Gbps未満のプランは対象外
  • マンションの設備や大きさで料金が変わり、選べないものは、最も高いプラン。選べる場合、下り100Mbps未満のプランは対象外
  • ※主要プロバイダの中で最も安いものを選んだ場合。東西のうち高い料金を記載。

@TCOMヒカリは、株式会社TOKAIコミュニケーションズという、上場企業グループの通信会社が、NTTの回線を使って提供する光回線です。

TCOMヒカリ公式ページ

多くのエリア・マンションで利用可能で、下記のキャンペーンを行っているため、一戸建て・マンションどちらも実質月額料金が極めて安くなります。

  • オプションなしで30,000円(一戸建て)、27,000円(マンション)のキャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • 1年間月額割引

@TCOMヒカリ公式ページ:https://t-hikari.com

実質月額料金とは?

支払額やキャッシュバックで返してもらえるお金をトータルして、結局1月あたりいくら払うのかを算出した料金のことです。

光回線の月額料金

ぷらら光の料金をまとめると以下の通りで、キャッシュバックが40,000円と高額で、一見お得にも見えます。

一戸建てマンション
実質月額料金4,720円3,606円
月額5,280円3,960円
工事費19,800円16,500円
事務手数料無料
キャンペーン代理店からの申し込みで40,000円キャッシュバック

しかし、以下の理由で、「実質月額料金」はむしろ割高になります。

  • 他社では無料になることが多い、工事費が有料
  • 月額の割引がない

ぷらら光はスマホのセット割もない

光回線は、大手のスマホとセットで使うと、スマホ代が1,000円ほど割引になる「セット割」がある場合がほとんどですが、ぷらら光はそれがありません。

2021年に出た以下の大手の格安プランはセット割が使えないため、セット割をあてに光回線を選ぶのは時代遅れとも言えます。

  • ahamo(ドコモの格安プラン)
  • povo(auの格安プラン)
  • LINEMO(ソフトバンクの格安プラン)

ただ、セット割の対象になる大手の高いプランを、今後も使い続けたいという人には、うれしい割引になるもの事実です。

そういった方にも、ぷらら光はコスト面で何もメリットがない事になります。

速度は比べなくていいの?

一般的な大手の光回線であれば、体感できるほとの差はまずないため、不要です。

光回線はケーブルで家までつながるインターネットで、仕組み自体が優秀なため、ネットが安定し、速度が出やすいのは、基本どれを選んでも同じです。

スマホのように電波で繋がるインターネットは、他の電波や建物などの障害物の影響を受けるため、速度にムラがありますが、光回線はそれがほとんどありません。

ネットの利用で必要とされる速度は以下の通りですが、光回線は最大速度が1,000Mbpsで、実測でも100Mbpsを超えることが多く、不自由することはまずありません。

  • メールやLINE:1Mbps
  • WEBサイトを見る:10Mbps
  • 動画を観る:5Mbps(高画質20Mbps)
  • オンラインゲーム:30~100Mbps

ぷらら光も含め、主な光回線の実際の平均速度を並べると以下の通りで、いずれも100Mbpsはゆうに超えているのがわかります。

平均速度(下り)
ぷらら光262Mbps
@TCOMヒカリ266Mbps
ドコモ光268Mbps
au光419Mbps
ソフトバンク光316Mbps
NURO光502Mbps

引用:みんなの回線速度

数値自体の差はあるものの、どれも100Mbpsを超えている時点で快適な速度で使える点に変わりはなく、特に差を感じることはないはずです。

ぷらら光も速度の評判はいい

以下のように、ぷらら光について、ネットの速度が快適という評判はいくつも見られます。

口コミ・評判

@HDT58
ぷらら光の工事が終わった!!感動的なさ!!
#ソネット光 のV6プラスに申し込んでいてV4以下にされた罰ゲームは何だったんだろう。
そして、ドコモを解約するプランへ移行。
引用:Twitter

口コミ・評判

@okash1n
インターネットのセットアップした。
ぷらら光 IPv6 IPoE接続。前の家のVDSLの20倍くらいの速度になった。
引用:Twitter

口コミ・評判

@4n3on
ぷらら光 IPv6接続 IPoE(transix)の測定結果
Ping値: 16.88ms
下り速度: 543.51Mbps(超速い)
上り速度: 314.79Mbps(非常に速い)
minsoku.net #みんなのネット回線速度
引用:Twitter

ただ、快適な速度でインターネットが使えるのはどの光回線も変わらないため、速度を理由にぷらら光を選ぶのはやめましょう。

光回線は、差がつきやすい以下のポイントで選まびましょう。

  • 実質月額料金:トータルで安く使えるか
  • 対応エリア、物件数:使えるエリアや物件が多いかどうか
  • 運営元:実績や知名度の面で、安心して任せられる会社か

これらで比べると、光回線は@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)が最も優れています。

ぷらら光を選ぶメリットはないの?

ぷらら光には、冒頭でお伝えした通り、大手の運営で、ほとんどのエリアや物件で使えるという強みがありますが、それ以外にも下記のメリットがあります。

  • 契約期間の縛りがない
  • ひかりTVのセット割がある

ただ、おすすめできないという結論は変わりません。

メリット① 契約期間の縛りがない

光回線は契約期間が決まっており、以下のように、期間内の解約だとまとまった解約金がかかるのが普通です。

  • ドコモ光:2年以内の解約でマンションは8,800円、戸建ては14,300円
  • auひかり:3年以内の解約で16,500円
  • ソフトバンク光:2年以内の解約で10,450円

そんな中、ぷらら光は契約期間の縛りがなく、いつ解約しても解約金がかからないというメリットがあります。

ただ、ぷらら光では、1~3年以内の解約だとキャッシュバックが返金になる決まりがあり、実質的には他と同じ縛りがあると言えます。

そのため、ぷらら光は、期間の縛りがなく、解約金の決まりがないからといっておすすめできる光回線ではありません。

メリット② ひかりTVのセット割がある

ぷらら光は、映像配信サービスの「ひかりTV」とセットで使うと、料金の合計が660円割引になるセット割があります。

光tvぷらら

引用:ひかりTV

また、2つの同時申し込みの場合に限り、キャッシュバックが増額になるキャンペーンも実施しています。

「ひかりTV」はNTT回線を使った光回線の利用者であれば誰でも申し込みができますが、セット割があるのは運営会社が同じぷらら光だけなため、独自のメリットとも言えます。

「ひかりTV」とは?

地デジ、BSに加え、80以上の専門チャンネル、映画やドラマなどのビデオ配信が楽しめる、NTT回線の光回線を使った映像配信サービスです。

hikaritv

ただ、ひかりTVは、普通にテレビが観られるだけの、NTT回線のテレビオプションと比べると料金はかなり高くなります。

月額見られるもの
ひかりTV2,750円~地デジ、BS、CS、約80の専門チャンネル、映画やドラマなどの動画配信
NTT回線のテレビオプション825円地デジ、BS、CS

また、たくさん動画が見たい人向けのサービスと言えますが、現在は以下のように安い動画配信サービスがいくつもあります。

そのため、そもそもひかりTV自体が、割高で、使うべき人が限られるサービスと言えます。

2. 光回線を選ぶ3つのポイント

光回線は下記の3つで選ぶようにしましょう。

  • 実質月額料金:トータルで安く使えるか
  • 対応エリア、物件数:使えるエリアや物件が多いかどうか
  • 運営元:実績や知名度の面で、安心して任せられる会社か

これらでぷらら光を評価すると以下の通りです。

ぷらら光の評価
実質月額料金★★☆☆☆
一戸建て:4,720円
マンション:3,606円
(高い)
対応エリア、物件数★★★★★
ほとんどのエリア、物件で使える
運営元★★★★★
NTTドコモのグループ企業

上記を踏まえ、光回線はぷらら光ではなく、実質月額料金が安い@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)がおすすめという結論になりました。

3つのポイントについて、詳しい内容を以下に解説していきます。

2-1. 実質月額料金

トータルで安く使えるか

光回線を選ぶ上では、この実質月額料金が安いかが最も大切です。

なぜなら、選び方によっては毎月支払う金額に1000円以上差がつくこともあるからです。

光回線では以下のように支払うべきお金が複数あります。

  • 事務手数料
  • 工事費
  • 月額料金
  • プロバイダ利用料

上記や、キャッシュバックで返してもらえるお金をトータルして、結局1月あたりいくら払うのかを算出したのが「実質月額料金」です。

光回線の月額料金

光回線は、キャッシュバック額や、項目ごとの料金が商品によってバラバラになるため、コストは必ずこの実質月額料金で比べましょう。

実質月額料金が安い業者を選べば、最安の業者を選ぶことができます。

このページでは、実質月額料金で光回線を比較しています。

2-2. 対応エリア、物件数

使えるエリアや物件が多いかどうか

光回線は一部、ほとんどのエリア・物件で使えない回線があります。

今使えても、引越したら使えなくなった、ということのないよう、広いエリア・物件で使える回線を選ぶべきです。

下記の光回線は月額料金が安いものの、一部エリア・物件しか対応していないため、利用には注意しましょう。

×対応不可エリア
auひかり×静岡、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀、沖縄
※戸建ての場合。マンションは上記でも使える可能性があるが、対応物件が少ない
NURO光×青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島、新潟、富山、山梨、長野、石川、福井、和歌山、鳥取、島根、山口、愛媛、香川、徳島、高知、大分、宮崎、熊本、鹿児島、長崎、沖縄

エリアが対応していても、アパートやマンションには設備が入っていないことも多く、使えない可能性が高いです。

NTT回線なら、全国どこでも

一方、NTT回線を使う光回線は、全エリアでNTTの回線を借りているので、全国ほとんどの建物で使えます。

回線品質に関しても、NTTの光回線である、「フレッツ光」と同じ回線をそのままレンタルしているので、どれを選んでもエリアや回線品質に問題はありません。

NTT回線を使う光回線

そして、対応しているマンションも多く、「インターネット設備あり」と表示されているマンションのほとんどで使えると考えておきましょう。

次の乗り換え時にメリットも

例えば今回@TCOMヒカリを契約し、しばらく使ったあとに別のNTT回線を使う光回線に乗り換える場合、工事をせずにそのまま切り替えられます。

回線をそのまま使うので費用も少なく、安く乗り換えられます。auひかりやNURO光は工事をしないと他の回線に乗り換えができないのもデメリットです。

2-3. 運営元

実績や知名度の面で、安心して任せられる会社か

光回線を出している会社は500社以上ありますが、下記のような大手企業を選ぶべきです。

  • プロバイダとして有名な会社
  • スマホ会社
  • 電力会社のグループ会社
  • その他有名なサービスを提供する会社

昔は大手の回線ばかりでしたが、今はNTTがいろいろな会社に光回線を貸し出しているので、設立すぐのベンチャー企業も光回線を出しています。

NTTの回線を使っていて回線品質に問題はありませんが、有名でない業者の中には下記のように悪質な対応をしてくるものもあります。

  • サポート電話をしたのに通じない
  • 頼んでいない余計なオプションを付けられる
  • 説明と実際の料金が違う

そのため、こういった失敗をしないためにも、冒頭の表に出てきたような大手の回線を選びましょう。

ここまでを踏まえ、@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)は、下記の点で特に優れた光回線と言えます。

  • 実際に支払う金額が安い
  • NTT回線を使っていて、多くの建物・エリアで使える
  • 設立40年以上の上場企業が運営している

ぷらら光も、NTT回線を使っていて、大手の運営という点では優れていますが、実質月額料金が高くなるため、おすすめできません。

「スマホに合わせて選ぶ」は古い!

また、2020年まで光回線はスマートホンとセット割することで大幅に値引きを受けられたため、スマホに合わせて選ぶべきでしたが、今は違います。

2021年にサービスが開始された、下記の大手キャリア格安プランは、光回線とセットにしても割引は受けられません。

  • ahamo(ドコモの格安プラン)
  • povo(auの格安プラン)
  • LINEMO(ソフトバンクの格安プラン)

上記の格安プランが出たことで、光回線はセット割りではなく、「単体で安いものを選ぶ」ことがベストになりました。

今はドコモ(格安ではないプラン)を使っている方も、ドコモを使い続ける前提でドコモ光を選んでしまうと危険です。

スマホだけ安いプラン(ahamoなど)に変えると、セット割が消え、高い光回線のプランだけが残ることになるためです。

そのため、「あと2~3年は今のスマホから切り替えは考えていない」という方以外はスマホと切り離して考えるべきです。

3. 100社比較してわかったおすすめの光回線

繰り返しになりますが、ぷらら光は以下の点では優れているものの、料金が高いためおすすめできません。

  • 全国どこでも使えるNTT回線を利用
  • 運営元が大手企業

光回線を100社以上比較しましたが、選ぶべき光回線は@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)でした。

@TCOMヒカリは、大手の運営するNTT回線で、ほとんどのエリア、物件で使えるだけでなく、下記のように料金が極めて安くなります。

下記は100社から選んだ主要な光回線の比較ですが、迷った場合は@TCOMヒカリを選ぶようにしましょう。

-スマホの方は左右にスクロールが可能です-

 実質月額料金利用回線スマホセット割
一戸建てマンション
@TCOMヒカリ3,908円2,756円◎NTT回線au/UQモバイル/LIMBO
TNCヒカリ4,762円3,557円◎NTT回線-
OCN光4,264円3,010円◎NTT回線OCNモバイルONE
ドコモ光5,024円3,704円◎NTT回線ドコモ
auひかり4,637円2,358円◯KDDI回線au/UQモバイル
auひかりちゅら6,598円5,283円△沖縄セルラー回線au/UQモバイル
ソフトバンク光5,291円3,751円◎NTT回線ソフトバンク/Y!mobile
NURO光3,651円2,071円◯Sonet回線ソフトバンク
BIGLOBE光4,338円3,193円◎NTT回線au/UQモバイル
So-net光プラス4,413円3,236円◎NTT回線au/UQモバイル
ぷらら光4,720円3,606円◎NTT回線-
コミュファ光4,339円3,268円△CTC回線au/UQモバイル
eo光4,737円3,562円△オプテージ回線au/UQモバイル
DTI光5,291円3,978円◎NTT回線au
Asahinet光5,128円4,138円◎NTT回線au
楽天ひかり4,983円3,823円◎NTT回線楽天モバイル
メガエッグ4,574円3,474円△エネコム回線au/UQモバイル
BBIQ5,005円5,562円△QTnet回線au/UQモバイル
JCOM光7,328円5,488円◯JCOM回線au/UQモバイル
IIJmioひかり5,376円4,144円◎NTT回線 IIJmio
エキサイト光4,827円3,727円◎NTT回線-
exiteMEC光4,868円3,777円◎NTT回線-
GMO光アクセス5,377円4,260円◎NTT回線-
SPEEDIA光5,578円4,478円◎NTT回線-
ビック光5,376円4,144円◎NTT回線BIC SIM/IIJmio
hi-hoひかり5,549円4,140円◎NTT回線hi-hoLTE(D)
ピカラ光4,950円3,740円△STnet回線au/UQモバイル
フレッツ光※6,270円5,375円◎NTT回線-
  • 契約満期まで利用し解約する場合の(総費用-キャッシュバック)÷利用月。契約期間がないものは一戸建て3年、マンション2年利用して解約する場合を想定。
  • 契約満期で解約する際、工事費の残債が発生する場合、撤去工事費が必須の場合はそれらの料金も含んで算出。
  • 一戸建てはタイプは下り1Gbps未満のプランは対象外
  • マンションの設備や大きさで料金が変わり、選べないものは、最も高いプラン。選べる場合、下り100Mbps未満のプランは対象外
  • 回線種別:◎多くのエリア、物件で使えるNTT回線/◯一部のエリア、物件で使える独自回線/△地域限定の独自回線
  • ※主要プロバイダの中で最も安いものを選んだ場合。東西のうち高い料金を記載。

以上のように比較すると、選ぶべきなのは@TCOMヒカリです。

TCOMヒカリ公式ページ

@TCOMヒカリは、株式会社TOKAIコミュニケーションズという、上場企業グループの通信会社が、NTTの回線を使って提供する光回線です。

多くのエリア・マンションで利用可能で、下記のキャンペーンを行っているため、一戸建て・マンションどちらも実質月額料金が極めて安くなります。

  • オプションなしで30,000円(一戸建て)、27,000円(マンション)のキャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • 1年間月額割引

@TCOMヒカリは、申し込み窓口は複数ありますが、特典や料金は変わらないため、やりとりする窓口が「@TCOM」だけとシンプルになる公式ページからの申し込みをおすすめします。

また、キャッシュバックを5,000円減らせば、高性能なWi-Fiルーターをもらえます。持っていない人はWi-Fiルーターをつけてもらいましょう。

@TCOMヒカリ公式ページ:https://t-hikari.com

@TCOMヒカリの注意点

静岡県では料金が上がる、ということです。

TOKAIコミュニケーションズは、本社がある静岡県では、「TNCひかり」という、サービス名・料金が違うサービスを提供しています。

どちらもNTT回線を使っていますが、静岡県だけはサービス名を変えていて、割高になります。

そのため、静岡の方だけは、次に安いNTT回線「OCN光(https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnhikari.html)」を選ぶようにしましょう。

一部の人は、さらに料金を削れる可能性あり

下記の2つの光回線は使えるエリアや建物が限られますが、@TCOMヒカリより安く使えます。

  • NURO光(一戸建て・マンションどちらも)
  • auひかり(マンションの場合)

どちらもNTT回線を使う@TCOMヒカリとは違い、使えるエリアや建物がかなり限られています。

そのため、使えるかどうかの確認をする必要があります。

手間はかかりますが、少しでも安い回線がいいという方は、一度申し込みをして、使えるか教えてもらいましょう。

光回線は、工事を終えるまでは契約にならず、申し込みをして使えない場合も、費用は全くかかりません。

戸建ての場合:NURO光を検討する

戸建ての場合、NURO光を選べばわずかに安くなりますが、下記のエリアにしか対応していないため、当てはまる方のみ検討しましょう。

対応エリア
NURO光北海道・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・広島県・岡山県・福岡県・佐賀県

上記エリアでも、一部の市区町村でしか対応しておらず、未対応のエリアが複数ある状態です。

そのため、上記エリアに当てはまる方は一度最安の公式キャンペーンページ(https://www.nuro.jp/hikari/campaign/3590/)から申し込みを行い、あなたのお住まいで使えるか試すと良いでしょう。

マンションの場合:NURO光・auひかりが使えるか試す

マンションの場合は、auひかり・NURO光が使えれば、さらに安くなります。

ただし、使えるマンションは以下の通り、NTT回線と比較すると少なく、人口が多い街でも使えない物件の方が多い状態です。

住所auひかり対応マンション数NURO光対応マンション数※1NTT光対応マンション数
東京都中央区八丁堀12件3件336件
東京都豊島区駒込49件20件371件
東京都中央区日本橋馬喰町5件5件83件
東京都品川区大崎28件30件374件
大阪府大阪市北区中津36件17件170件
大阪府大阪市北区天神橋42件18件380件
福岡県福岡市博多区博多駅南99件35件366件
北海道札幌市中央区南六条西48件6件410件
愛知県名古屋市中区栄86件24件298件

※:それぞれのサービスの対応物件検索サイトで確認できたマンション数
※1:マンションタイプが利用可能なマンション数(それ以外のマンションは一戸建てプランで対応)

また、NURO光は下記の対応エリア以外のマンションでは使うことができません。

対応エリア
NURO光北海道・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・広島県・岡山県・福岡県・佐賀県

マンションに住んでいて、余裕があれば、以下のページから申し込みを行い、あなたのマンションで使えるかどうか判定してもらいましょう。

・NURO光:https://www.nuro.jp/formansion/pr/
・auひかり:https://gmobb.jp/lp/auhikari_cashback/

上記の回線についてマンションに設備がなくても、一戸建てプランは使える可能性がありますが、@TCOMヒカリより高くなるためおすすめしません。

どうしてもスマホとセットで選びたい場合

また、繰り返しになりますが、スマホとのセット割は考えるべきではありません。

大手キャリアの今までの高いプランを3年は使い続ける、という方のみ下記のようにスマホとセット割りができる回線を選びましょう。

スマホ1台あたり500~1000円安くなるため、大手の高いスマホのプランの負担も減らせます。

使っているスマホセット割の推奨回線
ドコモ・ドコモ光(https://gmobb.jp/)一択
au・auとセット割りできる、@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)を選ぶべき。
・マンションで時間に余裕があればauひかり(https://gmobb.jp/lp/auhikari_cashback/)を確認する
ソフトバンク・使えるならNURO光(https://www.nuro.jp/
・NURO光が使えない場合、2人家族以上ならソフトバンク光(https://web-hikari.net
を検討、それ以外は@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)にすべき

「ソフトバンク光」の注意点

ソフトバンクユーザーはソフトバンク光がいいという情報がありますが、割高になる人もいます。

なぜならスマホ1台1,100円の値引きをするために、550円のオプションに入らないといけないからです。

もともとの実質月額料金も安くはなく、オプションに加入することで値段が上がるので、2台以上ソフトバンクのスマホを利用しているご家庭以外はおすすめしません。

まとめ:選ぶべき光回線

ここまでをまとめると、選ぶべき光回線は「@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)」で、安く、広いエリアのたくさんの物件で使うことができます。

静岡の方だけは、割高になるので、「OCN光(https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnhikari.html)」を選ぶようにしましょう。

また、下記の場合は別の光回線を選ぶことで、より安く使える可能性があります。

①一手間かけて安くしたい方

対応エリア・物件が限られる下記の光回線に申し込んでみて、あなたのエリアが対象かどうか確かめましょう。

戸建ての場合・NURO光:https://www.nuro.jp/hikari/campaign/3590/
マンションの場合・NURO光:https://www.nuro.jp/formansion/pr/
・auひかり:https://gmobb.jp/lp/auhikari_cashback/

②大手のスマホから乗り換える予定がない方

大手の高いプランを使い続ける方のみ、以下のセット割りができる回線を選んでいきましょう。

使っているスマホセット割の推奨回線
ドコモ・ドコモ光(https://gmobb.jp/)一択
au・auとセット割りできる、@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)を選ぶべき。
・マンションで時間に余裕があればauひかり(https://gmobb.jp/lp/auhikari_cashback/)を確認する
ソフトバンク・使えるならNURO光(https://www.nuro.jp/
・NURO光が使えない場合、2人家族以上ならソフトバンク光(https://web-hikari.net
を検討、それ以外は@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)にすべき

申し込み時の注意点:

光回線には複数の申し込み窓口がありますが、窓口によって実質月額料金が変わることがほとんどです。

そのため、次の章で徹底的に申し込むべき窓口を比較しています。

4. おすすめ回線のベストな申し込み方とプロバイダ

以上のように、光回線は@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)を選ぶのがベストです。

上記も含めた光回線は、申し込み窓口やプロバイダが複数あるのが基本で、選び方次第では同じ回線を使っても月額料金が高くなることもあります。

プロバイダとは?

プロバイダとは、光回線をインターネットにつなげてくれるサービスで、必ず光回線とセットで契約しなければいけません。

プロバイダとは

プロバイダがないと光回線はただのケーブルで、プロバイダのおかげで世界中のサービスにつながることができます。

プロバイダはセットになっているプランも多いですが、一部の光回線ではプロバイダの選択が必要で、料金に差がつくことがあります。

このプロバイダを選べる光回線ではどれを選ぶべきかも解説します。

では、これまでおすすめとして取り上げた光回線について、以下の流れで申し込み窓口やプロバイダを比較・紹介していきます。

申し込む回線が決まった方は、上記を確認し、ベストな窓口・プロバイダを選びましょう。

4-1. @TCOMヒカリのおすすめ窓口は?

@TCOMヒカリはプロバイダがセットの光回線で、プロバイダは選ぶことができず「@TCOM」一択です。

申し込み窓口は、以下二つがありますが、公式ページ(https://t-hikari.com)から申し込みをしましょう。

代理店からの申し込みは、キャッシバックや割引などの特典が増えることもなく、やりとりする窓口が増えるだけなのでおすすめしません。

以下の特典が受けられる点はどちらも変わりません。

  • 一戸建ては30,000円、マンションは27,000円をキャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • 月額を12ヶ月間割引

ただ、どちらから申し込むかによって、担当窓口が以下のように変わります。

 ブロードバンドナビから
申し込み
@TCOMヒカリ公式から
申し込み
①申し込み窓口ブロードバンドナビ@TCOM
②開通工事の窓口@TCOM
③キャッシュバックの窓口ブロードバンドナビ
④開通後のサポート窓口@TCOM

特典内容が変わらないため、やりとりの窓口が@TCOMだけと、シンプルになる公式ページからの申し込みをおすすめします。

キャッシュバックを5,000円減らすと、高性能なWi-Fiルーターがもらえるため、持っていない人はWi-Fiルーターをつけてもらいましょう。

@TCOMヒカリ公式ページ:https://t-hikari.com

4-2. OCN光のおすすめ窓口は?

OCN光はプロバイダがセットの光回線で、プロバイダ選ぶことができず、「OCN」一択です。

申し込み窓口は複数ありますが、公式ページ(https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnhikari.html)からの申し込みが最もおすすめです。

窓口ごとにキャンペーン内容が変わりますが、以下の通り公式が最も手厚く、実質月額料金も最安となります。

-スマホの方は左右にスクロールが可能です-

 実施中のキャンペーン実質月額料金
一戸建てマンション
OCN光公式・最大6ヶ月月額無料
・新規工事費無料
・事務手数料無料
4,264円3,010円
ブロードバンドナビ5,000円キャッシュバック6,110円4,394円
BIG UPなし6,310円4,594円
NEXTなし6,310円4,594円
  • 実質月額料金=契約満期まで利用し解約する場合の総費用÷利用月

上記の公式キャンペーンは、2022年5月9日までの期間限定となっています。

OCN光公式ページ

https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnhikari.html

窓口によってキャンペーン内容が変わるため、必ず上記の公式ページから申し込みをしましょう。

4-3. ソフトバンク光のおすすめ窓口は?

ソフトバンク光はプロバイダがセットの光回線で、プロバイダを選ぶことはできず、「Yahoo!BB」一択です。

申し込み窓口は複数から選べますが、代理店である「JTA(https://web-hikari.net)」を選びましょう。

なぜなら、以下の通り全窓口を比較すると、新規の申し込みで、無条件にもらえるキャッシュバックの額が、最も高くなるからです。

-スマホの方は左右にスクロールが可能です-

 キャッシュバック金額(窓口限定)
新規申し込み転用/事業者変更(参考)
JTA40,000円※114,000円
STORY25,200円※1-※2
アウンカンパニー37,000円15,000円
LifeBank25,200円※1-※2
BIG UP35,000円※115,000円
NEXT37,000円15,000円
エヌズカンパニー37,000円15,000円
ブロードバンドナビ30,000円※119,000円
オープンプラット--
ソフトバンク公式--
  • ※1オプションを増やせばキャッシュバックは増える。ただし月額料金も上がるのでおすすめしない。
  • ※2転用の場合のキャッシュバック金額は非公開。

ソフトバンク光は、どこから申し込んでも工事費や月額は変わらず、キャッシュバック金額やその条件など、キャンペーン内容でのみ差がつきます。

そのため、選ぶなら、最高額のキャッシュバックがもらえる「JTA(https://web-hikari.net)」が最もおすすめです。

Wi-Fiルーターが無料でもらえる窓口もありますが、スマホとセットで使う場合は、加入必須のオプションで付いてくるため、そもそも不要となります。

JTA「ソフトバンク光」申し込みページhttps://web-hikari.net

ソフトバンクへの直接の申し込みはどうなの?

直接の申し込みはおすすめしません。

理由は、ソフトバンク本体のキャンペーンしか受けられないからです。

ソフトバンク本体では以下のキャンペーンを実施していますが、上記の代理店経由で申し込んでも、 これらのキャンペーンを受けられます。

  • 他社から乗り換えで最大24,000円のキャッシュバック
  • 他社の違約金・撤去工事費を最大10万円キャッシュバック
  • 開通までWi-Fiレンタル

代理店独自のキャッシュバックを受けられない分、損なので必ず上記の代理店経由で申し込みを行いましょう。

「転用/事業者変更」って何?

すでにNTTの光回線(フレッツ光や、ドコモ光など)を使っていて、その回線をソフトバンク光に切り替えることです。

この場合、ソフトバンク本体の乗り換えキャッシュバックは受けられますが、窓口限定のキャンペーン内容は、どこも悪くなります。

そのため、転用/事業者変更をする方は、比較的キャッシュバックが高いブロードバンドナビ(https://sb-hikari.com)からの申し込みを推奨します。

4-4. ドコモ光のおすすめのプロバイダ・窓口は?

ドコモ光は、ドコモショップや、プロバイダ・ネットの代理店が申し込み窓口になっていますが、プロバイダであるGMOとくとくBB(https://gmobb.jp/)から申し込みをしましょう。

窓口は27社から選べ、窓口によって下記が変わります。

  • キャンペーン:プロバイダ独自のキャッシュバックやルーターのプレゼントを行っている
  • 月額料金:月額料金が安い「タイプA」と、220円高い「タイプB」2つのプランがある

キャッシュバックに関しては、「オプション加入必須」などの受け取り条件がない窓口を選べば、デメリットは全くないので、無条件のキャッシュバックがあるプロバイダを選びましょう。

27社中、独自キャッシュバックを行なっている窓口は下記の7社です。

-スマホの方は左右にスクロールが可能です-

 独自キャンペーン月額料金
キャッシュバック金額キャッシュバック条件無料ルーター
GMOとくとくBB◯20,000円◯無条件◯あり◯タイプA
Plala△15,000円◯無条件◯あり◯タイプA
OCN◯20,000円◯無条件×なし×タイプB
@nifty◯20,000円×オプション加入必須◯あり◯タイプA
Wiz◯20,000円◯無条件◯あり◯タイプA/B選べる
ネットナビ◯20,000円×オプション加入必須×なし◯タイプA/B選べる
ディーナビ◯20,000円×オプション加入必須◯あり◯タイプA/B選べる
参考:ドコモ直接-なし-×なし◯タイプA/B選べる

このように比較すると、優れているのは下記の2社です。

この2社は、下記の3つの理由で優れています。

  • 無条件で20,000円のキャッシュバックをもらえる
  • 無料で高性能のWi-Fiルーターをレンタルできる
  • 月額料金が安い「タイプA」を使える

この中で、選ぶべき窓口は、上場企業の運営するプロバイダ「GMOとくとくBB(https://gmobb.jp/)」です。

理由は、「V6プラス」という新技術のネットが速くなる仕組みを設定不要で使えるからです。

V6プラスとは

簡単に言うと、使うだけでネットが速くなる接続方法です。

今までの接続方法では、混み合うポイントがあり、時間帯によってはネットが混み合うことがあったのですが、それをなくして、混み合いにくくしています。V6プラスとは ドコモ光はプロバイダやルーターによって、このV6プラスが使えます。

「V6プラス」は、プロバイダ・Wi-Fiルーター両方の対応の確認や設定が必要ですが、GMOとくとくBBなら設定不要のWi-Fiルーターを送ってくれます。

Wizでは、プロバイダやWiFiルーターが対応しているか自分で確認し、必要なら設定をしなければいけません。

簡単に速い通信を行える、GMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBB「ドコモ光」申し込みページ:https://gmobb.jp/

申し込みページごとにキャンペーン内容が変わり、「オプション必須」になることもあります。上記の「オプション不要で20,000円」のキャッシュバックがもらえるページを利用しましょう。

ドコモへの直接の申し込みはどうなの?

直接の申し込みはおすすめしません。

理由は、ドコモ本体のキャンペーンしか受けられないからです。

ドコモ本体では以下のキャンペーンを実施していますが、上記のプロバイダ経由で申し込んでも、 これらのキャンペーンを受けられます。

  • 工事費無料
  • dポイント2,000ptプレゼント

プロバイダ独自のキャッシュバックを受けられない分、損なので必ず上記プロバイダ経由で申し込みを行いましょう。

4-5. NURO光のおすすめ窓口は?

NURO光は、マンション・戸建てどちらも下記の公式ページから申し込みをするべきです。

それぞれキャンペーン内容が変わるので詳しく解説します。

また、NURO光はプロバイダがセットの光回線で、プロバイダを選ぶことはできず、「So-net」一択です。

マンションプラン:公式ページからのみの申し込み

マンションプランの申し込みは公式ページ(https://www.nuro.jp/formansion/pr/)からのみになっています。

25,000円のキャッシュバックと、工事費無料のキャンペーンを受けられます。

上記から、「導入済み物件検索」を行い、あなたのマンションで使えるかどうか確認しましょう。

マンションで申し込む方の注意点

マンションの方で、マンションプラン(NURO光 for マンション)が使えない場合は、戸建てプランに申し込むように表示がされますがおすすめしません。

戸建てプランは割高なので、マンションの方はソフトバンク光のマンションタイプに申し込みを行いましょう。

一戸建て:公式の2年間割引が最安

一戸建ては、公式や代理店がさまざまなキャンペーンを行っていて、申し込むキャンペーンごとに、月額料金・キャッシュバック金額が変わります。

そのため、「実質月額料金」での比較が必要ですから、各窓口・キャンペーンの実質月額を比較しました。

 キャンペーン概要実質月額契約期間
公式ページ2年間月額が3,590円3,651円24ヶ月
公式ページ1年間大幅値引き3,851円36ヶ月
公式ページ45,000円キャッシュバック3,886円24ヶ月
アウンカンパニー45,000円キャッシュバック3,886円24ヶ月
ブロードバンドナビ45,000円キャッシュバック4,008円36ヶ月
LifeBank新規受付停止--
  • 契約満期まで利用し解約する場合の総費用÷利用月。

この中で、公式が行っている、2年間月額料金が3,590円になるキャンペーン(https://www.nuro.jp/hikari/campaign/3590/)が最安です。

また、ソフトバンクとセット割にする場合、光電話の申し込みが必要で、初期費用3,300円、月額が北海道と東京は530円/月、その他のエリアは330円加算されます。

NURO「NURO光2年間値引き」申し込みページ:https://www.nuro.jp/hikari/campaign/3590/

申し込み窓口ごとにキャンペーン内容・実質金額が変わるので、最安の窓口である上記から申し込みましょう。

4-6. auひかりのおすすめのプロバイダ・窓口は?

auひかりの場合、プロバイダであるGMOとくとくBB(https://gmobb.jp/lp/auhikari_cashback/)から申し込みを行うべきです。

申し込み窓口でキャッシュバック金額や、月額料金が変わりますが、GMOとくとくBBが最安になる可能性が高いためです。

auひかりは、マンションの規模ごとに、月額料金が変わるので、最安プランが使えるマンションの場合、最高額になるマンションの場合で、正しく選ぶ必要があります。

そのため窓口別の、最安プランになるマンション、最高額になるマンションでの実質月額を比較しました。

-スマホの方は左右にスクロールが可能です-

 主なキャンペーン概要最安値の マンション最高値の マンション
GMOとくとくBB・最大51,000円キャッシュバック ・24ヶ月固定電話が無料 ・工事費実質無料1,620円2,356円
DTI・38,000円キャッシュバック ・工事費実質無料2,128円3,825円
@nifty・30,000円キャッシュバック ・固定電話35ヶ月無料2,472円4,158円
Asahi net・24ヶ月料金割引3,779円5,924円
au one net・ネット+固定電話加入で10000円キャッシュバック ・工事費実質無料4,011円5,771円
@TCOM・50,000円キャッシュバック ・工事費実質無料2,272円3,962円
So-net・毎月大幅値引き ・工事費実質無料828円5,408円
BIGLOBE・60,000円キャッシュバック ・工事費実質無料1,344円3,012円
NEXT・50,000円キャッシュバック (光電話をつけると+10,000円) ・工事費実質無料1,744円3,412円
フルコミット・50,000円キャッシュバック (光電話をつけると+10,000円) ・工事費実質無料1,661円3,225円
グローバルキャスト・45,000円キャッシュバック (指定オプション、光電話、auでんき加入が条件) ・工事費実質無料4,345円6,008円
NNコミュニケーションズ・45,000円キャッシュバック (光電話をつけると+7,000円) ・工事費実質無料1,944円3,612円
アイネットサポート・50,000円キャッシュバック ・工事費実質無料1,661円3,325円
25・35,000円キャッシュバック (光電話をつけると+15,000円) ・工事費実質無料2,294円3,962円
  • 契約満期まで利用し解約する場合の総費用÷利用月。
  • 契約満期がない場合、短すぎて実態と乖離する場合(DTI)は24ヶ月間の実質費用。
  • 契約満期で解約する際、工事費の残債が発生する場合、撤去工事費が必須の場合はそれらの料金も含んで算出。

以上のように比較すると、マンションの設備や大きさに左右されず、安くなりやすいGMOとくとくBB(https://gmobb.jp/lp/auhikari_cashback/)がおすすめです。

GMOとくとくBBは東証1部上場企業のGMOが提供するプロバイダです。特徴は、下記の2つで、auひかりが安く使えます。

  • 固定電話(通常550円/月)が24ヶ月無料になる
  • その無料の光電話をオプションでつけると51,000円のキャッシュバックを受けられる

電話を使わない方も、無料なので、キャッシュバックを引き上げるためにつけておきましょう。また、auとのセット割には、固定電話をつける必要があります。

GMOとくとくBBであれば無料で固定電話を使えるので、追加料金なしでセット割を受けられます。

GMOとくとくBB「auひかり」申し込みページ:https://gmobb.jp/lp/auhikari_cashback/

申し込み窓口ごとにキャンペーン内容・実質金額が変わるので、最安の窓口である上記から申し込みましょう。

auのホームページへの直接の申し込みはどうなの?

直接の申し込みはおすすめしません。

理由は、「au one net」のキャンペーンスペックとなり、割高になるからです。

また、au本体で行う下記のキャンペーンは、上記のプロバイダ・代理店経由で申し込んでも受けられます。

  • 他社からの乗り換えで、最大30,000円還元

auに直接申し込むとキャッシュバック金額が少ない分、損します。

5. ぷらら光についてよくある質問

最後に、ぷらら光についてよくある以下の質問に回答していきます。

5-1. ぷらら光への問い合わせ方法は?

公式のお問合せページ(https://www.plala.or.jp/support/contact/)から、チャット、電話などで問い合わせができます。

問い合わせ先となるサポートセンターは年中無休ですが、10:00~19:00のみの営業となります。

5-2. ぷらら光の解約方法は?

ぷらら光は、公式の退会手続きページ(https://www.plala.or.jp/support/cancellation/taikai/)から解約の申し込みができます。

ぷらら光では、以下のように手続きの名前が分かれており、一般的なサービス終了の解約手続きは「退会」にあたるため注意しましょう。

  • 退会:サービスを全て終了する
  • 解約:一時的な利用休止(いつでも簡単に再開できる)

退会のタイミングによっては、以下の費用がかかります。

  • 工事費を分割払いしている場合、その残債
  • 受け取ったキャッシュバック

5-3. ぷらら光は「IPv6」に対応している?

対応しています。

IPv6とは?

インターネットがつながる仕組みの名前で、対応していると、ネットが混みにくく、快適な速度で使えるようになるとされています。

仕組み自体は変わらないものの、「IPv6」は、光回線によって以下のように名称が変わります。

  • v6プラス
  • IPoE(IPv4 over IPv6)方式

ぷらら光では「ぷららv6エクスプレス」というサービス名で提供されています。

v6エクスプレス

引用:ぷらら光

ただ、2022年現在「IPv6」は、@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)を含む、大手のほとんどの光回線が対応しており、ぷらら光ならではのメリットとは言えません。

「IPv6」対応のWi-Fiルーターが手に入るのもどこも一緒

「IPv6」対応の光回線を使うには、Wi-Fiルーターも同じく「IPv6」に対応している必要があります。

ぷらら光では、対応のWi-Fiルーターが無料でレンタルできるため、自分で探す手間が一切かかりません。

ぷららルーター

引用:ぷらら光

ただ、以下のように、どの光回線でも、対応のWi-Fiルーターは光回線の申し込みと同時に手に入る場合がほとんどです。

  • @TCOMヒカリ:キャッシュバックを5,000円減らせば無料でもらえる
  • ドコモ光:申し込み窓口のキャンペーンで無料でレンタルできる
  • auひかり:申し込み窓口のキャンペーンで無料でもらえる
  • ソフトバンク光:加入必須のオプションでついてくる

5-4. 「ぷらら GGGG光」ってどうなの?

「ぷらら GGGG光」は、オンラインゲームをする人向けの、ぷらら光の速度の遅れ解消するオプションサービスですが、基本的に不要です。

ぷららgggg光

引用:ぷらら GGGG光

オンラインゲームを快適にするには、100Mbpsの速度が必要とされていますが、ぷらら光のみならず、ほぼ全ての光回線はこの条件を満たしています。

光回線自体がインターネットの仕組みとしては優秀で、どれも安定した通信が期待できることから、毎月1,320円の追加料金を払ってまで使うメリットはないと言えます。

使うべきなのは、以下の両方に当てはまる、ごく一部の方に限られます。

  • 一瞬のネットの遅れが勝敗を分けるようなオンラインゲームをやっている
  • 光回線を使っているが、ゲーム中にラグを感じることがある

「ぷらら GGGG光」公式ページ

https://www.plala.or.jp/gggg/

5-5. ぷらら光のキャンペーン内容は?

ぷらら光は申し込み窓口が複数ありますが、それぞれ以下のキャンペーンを実施しています。

 キャンペーン内容
ぷらら光公式・オプションなしで35,000円キャッシュバック(ひかりTVもセットで55,000円)
・ひかりTVブック1年間読み放題
・Wi-Fiルーター無料レンタル
・セキュリティソフト「マカフィー」が最大2年無料
ブロードバンドナビ
(代理店)
・オプションなしで40,000円キャッシュバック(ひかりTVもセットで45,000円)
・Wi-Fiルーター無料レンタル
・指定オプションに3つ入るとオプション代割引

オプションなしでもらえるキャッシュバック額は、代理店から申し込んだ場合の方が大きくなります。

そのため、これまでお伝えしたデメリットを知った上でもぷらら光が使いたいという人には、ブロードバンドナビからの申し込みをおすすめします。

ブロードバンドナビ「ぷらら光」申し込みページ

https://p-hikari.net

6. まとめ

ぷらら光をおすすめしない理由について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

光回線は以下三つのポイントで選ぶべきですが、ぷらら光は実質月額料金が高くなるためおすすめできません。

  • 実質月額料金:トータルで安く使えるか
  • 対応エリア、物件数:使えるエリアや物件が多いかどうか
  • 運営元:実績や知名度の面で、安心して任せられる会社か

上記の観点で選ぶと、おすすめの光回線は「@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)」で、安く、広いエリアのたくさんの物件で使うことができます。

ただ、@TCOMヒカリは静岡のみ料金が大きく上がるため、静岡にお住まいの方は「OCN光(https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnhikari.html)」を選ぶようにしましょう。

また、下記の場合は別の光回線を選ぶことで、より安く使える可能性があります。

①一手間かけて安くしたい方

対応エリア・物件が限られる下記の光回線に申し込んでみて、あなたのエリアが対象かどうか確かめましょう。

戸建ての場合・NURO光:https://www.nuro.jp/hikari/campaign/3590/
マンションの場合・NURO光:https://www.nuro.jp/formansion/pr/
・auひかり:https://gmobb.jp/lp/auhikari_cashback/

②大手のスマホから乗り換える予定がない方

大手の高いプランを使い続ける方のみ、以下のセット割りができる回線を選んでいきましょう。

使っているスマホセット割の推奨回線
ドコモ・ドコモ光(https://gmobb.jp/)一択
au・auとセット割りできる、@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)を選ぶべき。
・マンションで時間に余裕があればauひかり(https://gmobb.jp/lp/)を確認する
ソフトバンク・使えるならNURO光(https://www.nuro.jp/
・NURO光が使えない場合、2人家族以上ならソフトバンク光(https://web-hikari.net
を検討、それ以外は@TCOMヒカリ(https://t-hikari.com)にすべき

このページがあなたの光回線選びのお役に立てることを心から祈っています。